営業時間/8:30~19:00
定休日/日曜日 ※工場は月曜日も休み

お問い合わせはこちら
0561380123
LINEからはこちら
line
取扱サービス

当社では、自動車に関するあらゆる商品から、自動車以外の商品まで幅広く取揃えております。
また、今後もお客様のニーズに合った商品を開発していきますので、何かご意見・ご質問等ございましたら、どんどんお寄せください。

なお、はじめに『定期点検の必要性』についてをご一読ください。

マイカーリース
マイカーリース
  • 毎年の税金から車検まですべてコミコミ
  • 定期点検からオイル交換もすべてコミコミ
  • 延長保証(オプション)で突然の出費もカバー
  • スマホのように機種変ならぬ車種変で、いつも最新装置の車に
  • 詳しくはこちら
  • リース会社はこちら
車検
車検

当社の車検には、次の車検まで安心して運転して頂ける「昔ながらの安心車検」ととりあえず2,3ヶ月乗れれば良いなどの場合に便利な「ひとまず車検」があります。
どちらの場合もお客様の要望に合わせてキチンと整備します。

各種車検メニュー

昔ながらの安心車検

ひとまず車検

昔ながらの安心車検
「昔ながらの安心車検」では、次の車検まで安心して運転して頂けるようにブレーキ関係などを、ただ診るだけでなくキチンと分解清掃した後に潤滑剤を再塗布するなどして、お客様の愛車をベストな状態にしています。
ひとまず車検
「ひとまず車検」では、新車の納車が決まっていて「あと2,3ヶ月しか車乗らないよ」などのように、なるべく金額を抑えて車検をしたいという場合に便利です。
車検時に必要なもの
はじめに車検を受ける際に必要な書類等をご確認ください。
  • 自動車検査証(略称:車検証)
  • 自動車損害賠償責任保険証明証(略称:自賠責保険)
  • 自動車税納税証明書・継続検査用
    ※自動車税納税通知書兼領収書だけでは申請できません。
  • 印鑑
    ※車検証の所有者(使用者欄に記載のある場合は使用者)の名義のもの。
  • 法定諸費用
    ※法定諸費用は年式等により複雑に変化しますので、詳しくは当社までご連絡下さい。
点検
点検

定期点検は「初めての方はこちら」でもご説明した通りに、愛車を故障させずに乗るためには非常に大切なものです。愛車が故障するとお金だけでなく時間も無駄にすることになりますので実施をおすすめします。

主な点検内容
あんしん法定点検(1年点検)
セーフティ点検(半年点検)
あんしん法定点検(1年点検)
従来から行われている点検です。乗用車は法律で1年に1回の点検が義務付けられていますが、あまり実施率は良くないのが現状です。しかし、整備工場に入庫してリフトアップ(車を上げる事です)し、タイヤを4輪とも外してブレーキ関係をしっかり見ることができるので、少なくとも月間走行距離が500キロを超えるようなお車には実施をお勧めします。
セーフティ点検(半年点検)
少し前までは法定6ヶ月点検と呼ばれ法律で義務付けられていたのですが、規制緩和により廃止になってしまった点検です。ですが、「オイルって交換するの?」とか「車のボンネットなんて空けた事がない」と言われる方、実施をお勧めします。
鈑金・塗装
盤金・塗装

鈑金、塗装ってなにするの?とか、
こんなの直るの?とか、
凄く金額が掛かりそう!!とか

良く言われますが、当然の疑問や心配だと思います。なぜかと言えば、車検や他の整備と比べて同じ損傷でも直し方や支払い方法などがお客様のお立場によって多種多様なパターンが考えられるからです。以下に、よくありそうな例を挙げておきましたのでどんなパターンに自分自身が当てはまるのか見てみて下さい。

車両保険を使って車を鈑金・塗装する場合
この場合はあまり悩むことは無いと思われますが、免責金額がある時は注意が必要です。(免責金額とは、その文字からもわかるように保険会社が責任を免除される金額という事で、ようは自己負担分の事です。だいたい5万円というのが多いようです)
相手がいる事故でご自身が車両保険に加入していない場合
この場合、事故の過失割合や自分の車と事故相手の車の修理代が分かるまで、いくら自分にお金が入ってくるのか分からないので出来るだけ早く事故を解決し回収できる金額を確定させる事が必要です。そうしないといつまで経っても自分の車が修理できずに困ってしまう事になります。ただ最近の事故はちょっとした事故でも話し合いがつかない事が多いので、できれば車どうしの事故の時にだけでも保険金が支払われる車両保険には加入しておく方が無難です。
自宅駐車場など自分一人で車をぶつけてしまい、保険には加入していない場合

この場合は鈑金・塗装の方法で悩むことになると思います、修理金額は100%自費なのでお客様の要望次第で色々な鈑金・塗装の方法が考えられるからです。まだ新しい車なのでキチンと綺麗にしたい場合などは、金額は掛かりますが新品の部品を使用して目に見えない所まできちんと直す方法をお勧めします。まだまだ乗るつもりだけどなるべく金額を抑えたい場合などは、外装は新品や中古部品等を使用しきれいに仕上げ目に見えない部分の部品は曲げたり伸ばしたりして再利用し費用を抑える方法をお勧めします。最後に見た目は良いので安全に走行できれば良い場合などは、外装やレンズなど保安基準に適合しない物はきちんと交換修理し、あとは錆びてこない程度に鈑金・塗装をする方法をお勧めします。

※上記のように鈑金・塗装は本当にケースバイケースなので、ご自身の要望と完成してくる形を整備工場と良く相談して頂くのが一番でしょう。当社は鈑金・塗装も保険代理店としてもお客様に満足して頂ける体制でお客様をお待ちしておりますので、是非ご利用下さい!!

自動車保険

自動車保険取扱い

自動車保険取扱い

自動車保険に加入する理由は色々ありますが、当社のような整備工場で加入する利点は事故や故障が起きたときのわずらわしいことに対して、保険と修理を一体化してお客様をサポートすることができる点です。仮に保険を使わないと判断された場合でも、ご予算に応じた修理方法をご提案することができます。
そんなお客様と「face to face」でつながる整備工場での加入をおすすめします。

生命保険

保険をお考えのお客様

保険をお考えのお客様

「車屋さんで生命保険?」と思われる方も多いと思いますが、車屋さんはお客様と車検や点検で定期的にお会いする事ができます。この定期的に会えるというのは非常に重要で、生命保険は一度入ればそれでOKではなくお客様の人生の節目節目で色々な見直しが必要になってきます。そんな時車屋さんで入っていれば、「今度子供が生まれるので車を替えたい」などの相談を頂いた時に、あわせて生命保険の見直しご提案することができます。
最近では「保険の~」みたいな所が増えて来ましたが、一般の人にはなんとなく敷居の高いものです。そんな方は車屋さんでの加入をおすすめします。

top